面接対策

本来、候補者の方々にとっても”企業選び”の場ですから、「自分がどう思うか?」も重要なのですけれども、
良いか悪いかは別にして、パワーバランスは ご本人<企業 のことが多く見受けられます。

 

その上で、「内定を取る」ことをゴールにした場合、その「内定を取る」ために、面接で一番大切なことは、
レジュメ同様、「相手がどう思うか?」になります。

 

また、
@時間が短い:大抵 一時間くらいであること(一時間で人のことは分からないですよね?)
A面接官が「面接のプロ」である確率は5%未満と言われていること。

 

上記の2つの理由から面接という場は“とても理不尽な場である”と言えます。
しかしながら、その“理不尽な場”を何度もクリアしないとオファーレター(=採用条件通知書)はもらえません。

 

ではどのようにすれば良いのでしょうか?

 

様々なHow toを満載した”面接対策マニュアル”をご用意しておりますので
是非ご登録にお越し下さい。

 

マニュアルの一例:

 

■どの企業/どのポジションでも必ず必要な準備とは? (3点)

 

1)応募ポジションの業務内容、及び、求める人物像の仮説を立てる
2)転職理由、志望動機、入社後のキャリアプランを準備する
3)経験・成果をわかりやすく伝えるためのトークスクリプトを準備する

 

※その他には

 

・希望年収について何と答えるべき?
・入社希望日(可能日)について何と答えるべきか?
・何か質問ありますか?は必ず聞かれますが、何を聞くべきでしょうか?
・“隣”に座る のがベスト。”隣”に座るとは?
・コンピテンシー面接とは?
・フェルミ推定〜ビジネスケーススタディとは?
・適性テスト対策(Web含む)
・未経験のものに対する質問への回答ロジック
・Fit&Gapを行いリスク分析〜対策

 

等ありますので是非ご登録下さい。

トップへ戻る